カウンセラー紹介 | 札幌のカウンセリング 一般社団法人日本うつ病サポート協会

カウンセラー

Close

スタッフ佐伯剛

【佐伯 剛】Tsuyoshi Saeki

現在、私は「日本うつ病サポート協会」において、心理カウンセラーとして活動していますが、以前はまったく畑違いの出版業界で、主に週刊誌の記者として働いていました。
しかし、あることが私に大きな変化をもたらすことになったのです。
それは、私が週刊誌で事件などの取材を多く手掛けていたころのことでした。
社会の複雑化やスピード化が急速に進んだことの弊害として、うつ病を患う人が著しく増加し、それにともなう自殺件数の急増が社会問題として注目されるようになりました。
このような状況に強い危機感を感じた私は、ジャーナリズムに携わる者としてこの問題に関与し、社会を改善していくためには、うつ病をはじめとする心の病に関する情報発信、知識の普及が急務であると考えました。
しかし、そのためには、自らが十分な知識を持っていることが不可欠であるため、学生時代に学んだ心理学の学び直しのため、改めて大学に入り、心理学を専門的に学ぶとともに、心理士やカウンセラーなど、心理系の資格をいくつも取得しました。
同時に、多くの心理カウンセラーの方々を訪ね歩き、カウンセリングの現場を取材させていただく中で、次第に心境の変化が生じてきたのです。
それは、心の病に関する情報発信だけではなく、自分自身もカウンセリング技術を習得し、うつ病などで苦しんでいる人たちを直接的にサポートしたいというものでした。

【資格・所属】

  • 日本心理学会 認定心理士
  • メンタルケア学術学会認定 メンタルケア心理士

【うつ状態・パニック障害を経験して】

私自身にとっても、実は心の病は決して他人事ではありませんでした。
週刊誌の記者時代には、仕事の行き詰まりや、将来への不安などから、一時的にうつ状態に陥ったり、パニック障害を経験しました。こうしたことも、カウンセラーを志した要因のひとつと言えるでしょう。
その頃のことを振り返ってみると、明確に「死にたい」とまでは思わないものの、常に「死」というものを考えていました。
また、パニック障害は、「不安障害」に分類される精神疾患のひとつで、主症状は文字通り「不安感」であるため、日々、根拠のない不安感にさいなまれていました。
それでも仕事を休むことができず、大変な苦痛を抱えながら働き続けました。それも、誰にも打ち明けられず、出口の見えない孤独と絶望感の中で生きていました。
心の病に限ったことではありませんが、病人にとって最も辛いことは、病気の症状そのものではなく、「周囲の無理解」というものです。
たとえば「ガン」と聞けば、誰もが重大な病気であることを知っていますから、ガン患者に対しては、いたわりの心をもって接するはずです。
しかし、うつ病やパニック障害などの心の病に関しては、どのような症状があり、それがどれほど辛く苦しいものであるかは、「経験した人にしかわからない」というのが現状でしょう。
これはある意味、仕方がないことではありますが、それで終わらせてしまっては、心の病を患っている人は永遠に救われないことになってしまいます。
そうならないためには、やはり、情報発信を活発に行ない、心の病に関する知識の普及を目指すことが必要となってくるのです。

【「車の両輪」としての情報発信とカウンセリング】

私がカウンセラーを目指すようになったころから一貫して考えていることがあります。 それは、心の病に関する情報発信・知識の普及とカウンセリングは「車の両輪」であるということです。
心の病で苦しむ人たちを救うためには、社会に対して情報を発信することで知識を普及し、多くの人たちが心の病に関する知識を持ち、辛い状態から回復することのほか、予防に役立ててもらえるようにすること。
そして、心の病で苦しむ人たちと直接対話を繰り返していく、心に寄り添ったカウンセリング。
このふたつが足並みを揃えなければ前に進むことは難しいので、ともに連携していくことが大事なのです。

【心の病を抱える人をトータルサポート】

日本うつ病サポート協会では、カウンセリングの実施はもちろんのことながら、うつ病をはじめとする心の病に関する知識の普及のための情報発信にも力を入れることで、心の病を抱える人へのトータルサポートを目指していきたいと考えています。

【岡本 教兵】Kyohei Okamoto

国立大学にて話し方の講義や、企業にて研修を担当している話し方カウンセラーとして活躍。
話し方やコミュニケーションという部分において北海道を代表する先生です。
ご自身のお父様がうつ病にて命を絶たれたことをきっかけに、うつ病で苦しむ方の力にということでうつ病カウンセラーとして活動しています。

【資格・所属】

  • 日本うつ病サポート協会認定 心理カウンセラー
  • 日本うつ病サポート協会認定 うつ病カウンセラー
  • 日本うつ病サポート協会認定 うつ病サポーター

NPO法人 日本ファシリテーション協会 運営アソシエイツ

【うつ病カウンセラー】

自身の父をうつ病により亡くした経験から、一人でも多くの方の心に寄り添う為、カウンセリング資格・スキルを学んで来ました。
うつ病傾向を把握したときに自分自身として、どのような対処方法をとるべきなのか、家族としてどのように接していくべきなのか。
心療内科でも教えてもらえなかった「大切なヒント」がカウンセリングルームにはあります。
うつ病は「治らない病気」ではありません。
ただ、「心が目に見えないこと」で判断や接し方を間違いやすいことで回復に時間がかかってしまう病気でもあります。
ご本人やご家族の心へ寄り添うことで回復への負担を軽減するよう努めておりますので、一人で抱えず、まずはお気軽にご相談ください。
また、自身の育児への参加や妻との関わり方から経験した『産後うつ』や『育児ノイローゼ』へのサポートも行っておりますので、「誰に相談して良いか分からない」と言った子育てのお悩みもご遠慮なくご相談ください。

【話し方カウンセラー】

話し方=コミュニケーションスキルにお悩みの方へのサポートを行っております。
円滑なコミュニケーションの土台になるのは、「正しく自分を知ること」です。
自分自身では気付きにくい傾向性や本当の理想像を丁寧に確認していくことで、他者との関わりに自信を持ち、日々の生活が豊かになっていきます。
『アンガーマネジメント』や『ファシリテーション』の技術を心理学の土台に組み合わせることで少数の人間関係から会社や学校など多数の人間関係まで幅広くサポートしておりますので、夫婦関係や恋人、ご友人との関係から職場での人間関係までコミュニケーションに関するお悩みをお気軽にご相談ください。

【夢実現サポート】

人生を豊かにする「夢」を明確にすることから、夢を実現させるための計画立案アドバイスまで。
あなたの「夢」を叶えるためのお手伝いをさせていただきます。
スポーツの世界でオリンピック選手が「トレーナー」や「コーチ」と二人三脚で目標達成していくように客観的な視点を組み合わせることで、夢への到達時期を早めることが可能です。

【西坂 唯】Yui Nishisaka

現在、現役で看護師として活躍。年間2000人を超える患者さんと接し、健康に関しての不安や悩みなどを抱える方の為に看護師だから出来るこころのケアがあると考えカウンセラーとして活動しています。

現役働いているため、土曜日、日曜日の一部の時間帯を担当しています。

【資格・所属】

  • 日本うつ病サポート協会認定 心理カウンセラー
  • 日本うつ病サポート協会認定 うつ病カウンセラー
  • 日本うつ病サポート協会認定 うつ病サポーター

【現役看護師による心理カウンセリング】

現在も現役の看護師として年間2,000人を超える患者さんと接しているかたわら、健康や不安などの悩みを抱えている方のために、看護師だからこそ出来るこころのケアがあると考え、この度、心理カウンセラーとしてスタートすることを決めました。
看護師のお仕事では、多い職場で年間2,000人を超える患者さんと接し、今まで約24,000人の方と接してきました。
現場では、急にはこばれてきてすごく動揺している方、自分の病気を受け入れるために悩んでいる方など、さまざまな不安に寄り添い関わってきました。老人ホームで健康相談をし、日常のさまざまな不安を聴く機会もありました。
退院時に、あの時は寄り添ってくれてありがとうと会いにきていただけたり、老人ホームでも、お話を聴いた翌日にお礼を言いにきていただけたりと、本音を打ち明けてくれ、感謝されることでカウンセリングに興味を持ちはじめました。
実は、私自身マイナス思考でした。そんな中、カウンセリングを一度受けたところ、不思議と気持ちが楽になった経験があります。
がむしゃらに頑張るだけが正しいわけではないんだと実感したきっかけであり、自分自身を見つめ直す機会となりました。
現在は、現役の看護師としてはもちろん、心理カウンセラーとして、看護師の経験を活かしあなたの不安な気持ちに寄り添うことを中心に活動しています。

スタッフ嶋田

【嶋田 有希】YUKI SHIMADA

【明治大学心理臨床センター】

明治大学の文学部に入学、その後明治大学大学院文学研究科臨床人間学専攻し臨床心理士となりました。
学生時代からかかわってきた明治大学にて、クライエントとの個別カウンセリング、心理検査の実施に取り組むかたわら、知識やカウンセリングスキル向上のため研修会などへ積極的に参加してきました。

【東京都ひきこもりサポート】

東京都ひきこもりを支援する組織にて3年間、相談者さんからのメール相談や電話相談を担当していました。

【神奈川県の医療センター】

神奈川県の医療センターで2年間、入院している子どものカウンセリングを担当、また集団精神療法への参加で心理学の他、精神医学についても知見を広げるため、現在も様々な勉強会や研修に積極的に参加しています。

【公立中学校にてスクールカウンセラー】

関東の公立中学校にて2年間、生徒や保護者とのカウンセリングをはじめ、教職員へのコンサルテーションを行ってきました。

【現在】

関東での臨床経験を活かして札幌でうつ病や不登校のカウンセリングのほか、こころの成長を目的としたカウンセリングをしています。 みなさんのお話をしっかり聞かせていただく傾聴を心がけています。時間をかけてお話をうかがうなかで、相談者さんとの信頼関係を構築し、質の高いカウンセリングを目指していきたいと考えています。皆様の問題解決やこころの成長にお役に立ちたいと考えています。